活動報告”笑顔相続セミナー”開催

”笑顔相続セミナー”開催

女性会員のみで構成されるクラブとして28年前に結成した徳島藍ライオンズクラブ(28人)は10月13日、徳島グランヴィリオホテルを会場に、「笑顔相続セミナー」を開催した。

発端はクラブ例会の席で、親の時代の「家督相続」から戦後の民法改正による「法定相続」への移行が話題になり、相続について高い関心を持つ人が多いのに注目したこと。そこで、相続は美しく温かいものであり、相続を通して豊かな社会づくりに貢献したいというメンバーの熱い思いから、相続に関するセミナーの開催を決定した。

講師をお願いした一橋香織先生は、外資系金融機関を経てファイナンシャル・プランナーに転身し、「笑顔相続」という新しい相続を提唱し、一生懸命働いて残した財産が不幸を招かないための対策を伝授。これまでに5000件以上の相続の相談を受けてきた。今回は「相続対策はなぜ必要~笑顔相続と争族の分岐点~」という演題で講演していただいた。90分間のセミナーはクイズ形式でとても分かりやすく、160人の参加者は先生の話に引き付けられ、聴き入っていた。参加者から寄せられた感想の一部を紹介する。
・とても良かった
・このような機会をいただいて感謝する
・内容に感動した
・知ってるつもりでも忘れていることがある
・家族のためにもっと勉強しないといけないと思った
・我が家に当てはめて聴いた
・初めて聴いて考えさせられることもあり、夫婦で話しながら帰った
・ライオンズの活動はすばらしい

相続と言うとまず金融資産や不動産などに注目するが、お金に換算されないものもある。親からもらった愛情や教育、生活の知恵、料理の味や生きる姿勢等々だ。一橋先生の講演で、今、私たちの命があることが一番の財産だと改めて気付かされた。

人生100年時代。長寿という贈り物を頂いたと考え、先祖に感謝しながら、若さと柔軟性を強化し、未知のものに対しても前向きな姿勢で取り組み、健やかに人生を走り抜けたい。徳島藍ライオンズクラブはこれからも女性クラブの特徴を生かしたきめ細やかな活動を続けていくつもりだ。

2022.11更新(会長/徳永和子)