ニュース地域の青少年を招いて
吹奏楽コンサート

地域の青少年を招いて吹奏楽コンサート

335-D地区(兵庫県西/橋崎良治地区ガバナー)は4月10日(日)、第68回地区年次大会の第2部として海上自衛隊呉音楽隊の吹奏楽コンサートを開催した。音楽文化の普及と地区内の中学、高校の吹奏楽部のスキル向上に寄与することを目的に、青少年育成事業としてLCIF地区シェアリング交付金を活用して実施したもの。兵庫県教育委員会の後援を受け、県吹奏楽連盟を通じて吹奏楽部員、吹奏楽に関心のある生徒や指導者、関係者など1100人以上を無料で招待した。

海上自衛隊呉音楽隊は近畿、中国、四国、九州東部の広い範囲を担当。更に海上自衛隊が国際親善を図ることを目的の一つに掲げる遠洋練習航海にも隊員を派出し、世界各国の寄港地で言語を超えた交流を行っている。

会場は昨年新装開館されたアクリエひめじ(姫路市文化コンベンションセンター)の大ホールで、最大収容2010席。第1部の大会式典終了後、ライオンズ・メンバーは階上席へ移動し、生徒たちには1階の客席をゆったり使い着席してもらった。約50分のコンサートの間、1曲ごとに歓声や拍手、時には笑い声に包まれ、呉音楽隊の高い技術とすばらしい演奏を楽しんだ。

2022.04更新(335-D地区MC・デジタル推進委員長/嶋津眞治)