国際財団子どもの未来を照らす
サイト・フォー・キッズ

子どもの未来を照らすサイト・フォー・キッズ

サイト・フォー・キッズは、ジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンとライオンズクラブ国際財団(LCIF)が2002年にパートナーシップを結んで以来継続している取り組みだ。世界中で学校をベースに子どもたちの目の健康促進を図るこのプログラムでは、ライオンズは啓発活動、簡易及び精密な視力検査、眼鏡の提供、専門的な眼科治療の紹介などを担う。現在までに、全世界で4200万人以上の子どもが支援を受けた。

ケニアの首都ナイロビにあるライオンズ視力ファースト眼科病院でサイト・フォー・キッズ事業委員長を務めるタンヴィ・シャー医師はある日、4歳の男の子を診察し両目とも先天白内障を患っていると診断した。結果を伝えられた母親は、その場に泣き崩れてしまった。靴や服すら買えない生活なのに、目の手術費用など到底工面出来るはずもない。しかしこの男の子は、サイト・フォー・キッズの取り組みにより視力を回復することが出来た。これは、たくさんの子どもたちの物語のほんの一例である。

シャー医師は幼少の頃、目の悪い祖父が新聞を読むのを手伝ったことから、視力ケアに興味を持つようになった。
「私は祖父に『大きくなったらお医者さんになって、おじいさんの目がもっとよく見えるようにしてあげる』と言っていました。そして祖父の眼病について本で調べるようになり、より興味を持ったんです」
子どもたちが成長して幸せをつかめるように応援するこの仕事に、シャー医師は大きなやりがいを感じ、いつも子どもたちの姿に励まされていると言う。そして、プログラムには以下の要素が重要だと言及する。
・予備検査を行うスタッフの研修
・子どもの治療にその両親を巻き込むこと
・訓練を受けた専門家による眼科検診

インドのケララ州でサイト・フォー・キッズ・プログラムを通じて子どもたちの治療に当たっているフレディ・サイモン医師は、教師に予備検査のプロセスに参加してもらうことが重要だと話す。親が気付いていない子どもの様子に、教師が気付く場合もあるからだ。 サイモン医師も、子どもたちから刺激を受けていると言う。
「私は大人も子どもも診ていますが、 私たちの治療によってもたらされる変化は、子どもの方がより大きい。彼らの学ぶ分野や将来の職業が変わることになるかもしれない。私たちは子どもたちの人生の手助けをしているのだと思っています」
サイモン医師によると、インドではコロナ発生の前年には約65万人の子どもが教師による予備検査を受け、9588人を治療につなぐことが出来た。

新型コロナは世界に大きな衝撃をもたらしたが、サイト・フォー・キッズの取り組みはそうした中でも前進を続けている。ケニアのシャー医師は「困難な時期にも、プログラムを安全に実施する革新的な方法を見いだすことが出来ました。ロックダウンなどにより学校に出向いて支援することは難しくなりましたが、病院は診療を続けました。教師には、子どもたちを病院に連れてくるよう親に声をかけてほしいとお願いしています」と話す。インドでパンデミックが危機的状況にあった時期には、子どもたちの診療が少人数単位でしか行えなかったが、それでも2020年にはコロナ発生の前年と同量の眼鏡を配布したと、サイモン医師は振り返る。この成果には、ケララ州政府と密接な協力関係を確立していたことが大きく影響している。

シャー医師もサイモン医師も、子どもが出来るだけ早い時期に診察の機会を得ることが重要で、その年齢は低ければ低いほど望ましいと話す。視力の発達において小児期はとても重要なのだ。ライオンズ、教師、政府、眼科医が連携し協力することで、サイト・フォー・キッズは子どもたち一人ひとりに寄り添い、より良い未来の展望を描き続けている。LCIFとジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンは、誇りを持ってサイト・フォー・キッズ・プログラムを展開している。

2022.03更新(文/ブルック・ドゥルカ)