ニュース日本ライオンズに麻薬・
覚醒剤乱用防止に大臣表彰

日本ライオンズの麻薬・覚醒剤乱用防止に大臣表彰
厚生労働大臣感謝状を受け取る日本ライオンズの仁科良三理事長(左)。感謝状贈呈はオンラインで開かれた日本ライオンズの社員総会(全国ガバナー会)の冒頭に行われた

薬物乱用防止活動に長年にわたり多大な貢献を果たしてきた日本ライオンズに、令和3年度麻薬・覚醒剤乱用防止に多大な功績があった団体として厚生労働大臣感謝状が贈られた。12月16日、東京都中央区八重洲の日本ライオンズ事務所において、公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センターの藤野彰理事長から、一般社団法人日本ライオンズの仁科良三理事長に厚生労働大臣感謝状と、同センター理事長感謝状が手渡された。

藤野理事長は「日本ライオンズの皆様は四半世紀にわたり麻薬・覚せい剤乱用防止センターとタッグを組んで日本の子どもたち、若者たちを薬物から守るために多大なる貢献をされてきました。(薬物乱用防止教育認定講師養成講座と認定講師による薬物乱用防止教室は)世界に冠たる活動だと考えています」と感謝の言葉を述べた。

薬物乱用防止教育認定講師養成講座は同センターとライオンズクラブの共同事業として1997年にスタートし、認定講師となったライオンズ・メンバーが全国の小中学校で薬物乱用防止教室を開催し、薬物乱用の未然防止に大きな役割を果たしている。

2022.01更新

●関連記事
「青少年の未来を守る薬物乱用防止教育」(2021.09更新)