ニュースヘインズ・タウンゼント
国際第1副会長逝去

ヘインズ・タウンゼント国際第1副会長逝去

ヘインズ・H・タウンゼント国際第1副会長が2019年12月17日、永眠した。64歳だった。

タウンゼント副会長は1979年にアメリカ・ジョージア州ダルトン・ヌーン ライオンズクラブに入会。2009~2011年国際理事を務めた後、2017年のラスベガス国際大会で国際第3副会長に選出され、2020年6月にシンガポールで開催される第103回国際大会において国際会長に就任することが予定されていた。

訃報を伝えた国際協会事務総長執務室発信の文書では、次のように故タウンゼント副会長の人柄をしのんでいる。

「故タウンゼンド副会長の優れた人柄は、人々を引きつけ、友情を生みました。出会う全ての人に笑顔であいさつし、誰にでも受け入れられ尊重されていると即座に感じさせる人物でした。人々は自然に彼に引き寄せられ、もっと彼を知りたい、彼の取り組みやアイデアを支持したいと感じました。ヘインズは、思いやりは大切なことだと信じ、親切が世界を変えられることを体現しました」

2017年シカゴ国際大会で国際第3副会長に選出されたタウンゼント副会長と妻のドナさん

2019.12更新