ニュース一般社団法人
日本ライオンズ社員総会

一般社団法人日本ライオンズ 第1回社員総会

8月20日、東京都港区の東京プリンスホテルにおいて、一般社団法人日本ライオンズ(田中明理事長)の2019-20年度第1回社員総会(全国ガバナー会)が開催された。総会ではまず、社員60人中本人出席49人、委任状及び議決権行使書の提出による出席11人で、総会が成立したことを確認。田中理事長の議事進行で議案審議に入った。

第1回総会に提出された議案は、2018-19計算書類及び事業報告の承認の件、2019-20事業計画案承認の件、2019-20収支予算案承認の件、新理事の選出の件、公益財団法人立ち上げに向けた検討委員会設置の件の5議案。審議の結果、いずれの議案も賛成が過半数を超えて承認された。その後、オリンピック・パラリンピック委員会の支援事業、国際会長公式訪問などの諸報告が行われて閉会した。

総会に続いて開かれた第1回理事会では、新理事長に識名安信2018-19年度337複合地区議長、副理事長に今井文彦2018-19年度330複合地区議長、石原英司2019-20年度330複合地区議長、橋本勝策2019-20年度334複合地区議長の3人、専務理事に藤川清幸2018-19年度333複合地区議長、常務理事に渡辺修2019-20年度331複合地区議長、菅野文吉2019-20年度332複合地区議長、冨山道郎2019-20年度334複合地区議長、小林聰2019-20年度335複合地区議長、橋本充好2019-20年度336複合地区議長、乗田泰2019-20年度337複合地区議長の6人を選任。新事業計画及び予算案を承認した。

理事会終了後には報告会が行われ、安澤莊一、川島正行、渡部雅文各国際理事、中村泰久GAT日本全域リーダー、鈴木誓男LCIF理事からそれぞれ報告があり、最後に総括としてLCIF副理事長を務める山田實紘元国際会長による講話が行われた。

2019.06更新